バストアップと女性ホルモンの関係は言われなくてもわかってます

ユズハ
バストアップするためには、やっぱり女性ホルモンをたっぷりと出してあげることがいいんですよね?
麻衣
そうだね。バストアップに女性ホルモンは不可欠なファクターなんだけど。逆にバストの状態を良くする、質を良くすることでさらに女性ホルモンは分泌される効果もあると言われているんですよ。
ユズハ
えっ、そうなんですか?
麻衣
女性ホルモンはバストアップだったりバストの状態を整えることだけじゃなく、髪や肌、体調、メンタルの状態にも影響してるからバストをより良くすることは女性として輝くためにはいいことなんだよ

 

バストアップと女性ホルモンの関係が予想以上に深い

脳からの指示が子宮に伝達が行われ、卵巣から女性ホルモンが分泌され、血液に乗って身体全体へと運ばれます。

その働きのひとつが「乳腺を発達させること」。 バストと子宮には密接な関係性があるということなのですね

バストケアをする人の一部には、月経痛が緩和したり、子宮の周辺が温かくなったと言われる方もいます。

バストを整えるという事は子宮を整え、心と身体のバランスを調整する結果にもつながるのではないかと私は感じています。 身体の変化と向き合って、日々を自分らしく生き生きとハッピーオーラがあふれるようになるんですよ。

「バストを整える」ということは「女性ホルモンを整える」ことにも影響しているのです

 

胸のサイズを左右する思春期の女性ホルモン

女性の足元の写真

子どものころは誰でもみんな、まな板状態の薄っぺらな胸をしているけど。それ以降の成長して、体も女性らしくなるにつれてサイズはどういうふうに決定していくのでしょうか?

バストは、思春期から成人期至るまで女性ホルモンが分泌されるということで大きくなります

わかりやすく説明すると、この時期に女性ホルモンがたくさん分泌されればされるほど、大きなバストになると言えるということです。

思春期から成人期までにドバドバ女性ホルモンが分泌されれば、胸は自然と大きくなるとしたら、個人によってホルモンの分泌量が異なるのは、どうしてなのでしょうか?

過剰なトレーニングやダイエット、また長期間のストレスは、女性ホルモンの分泌に出さないようにブレーキをかける原因になるといわれています

 

麻衣
もちろん親から子への遺伝的な要素もあるけど…

お母さんは胸が大きいのに、娘は小さいってこともありますよね。すべてが遺伝で決まるとは言えず、

過剰なトレーニングやダイエット、ストレスがバストが大きく成長するのにストップしてしまうことになります。

 

その中でも中高生の多感な思春期は、人間関係、家庭環境、受験など、ストレスが蓄積しやすいファクターが多くなる時期でもあります。

そのことはこれから胸を大きくしたい女子には知っていてほしいですね。

 

女性ホルモンは2つあるよ

喜ぶ女性の写真

乳腺を発達させ、その乳腺を保護するためにバストの周辺の脂肪が増加する。

これは脳の視床下部から指令を受け分泌される「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つの種類の女性ホルモンの働きによるものです。

・卵胞を成熟させたり、子宮内膜を分厚くするなど妊娠に対する準備をする

・女性らしい丸みのある身体を作る ・自律神経のバランスを調整する

・コラーゲン促進によってお肌や髪のツヤを高める ・骨を強化する といった働きをしてくれます。

・受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態に整え妊娠を手助けする

・乳腺の発達

・身体の中の水分保持

・食欲増進

・血糖値の正常化

・体温を上昇させる

・利尿作用 などの役割を果たします。

女性サイクルでは月経から排卵まではエストロゲンが、排卵からこの次の月経まではプロゲステロンが優勢に作用します。

この2つのホルモンがよいバランスで活発に分泌されることで、バストだけに限らず女性の心と身体のデリケートなバランスが整うのです。 バストアップと深く関わっているのが女性ホルモンです。

身体の成長期の段階で特に思春期にバストが大きくなるのは女性ホルモンが活発に分泌されているから。

エストロゲンと言われる女性ホルモンの分泌がスタートすると、脂肪が身体に蓄積され、バストのサイズを決定づけるバストの脂肪蓄積量がアップします

つまりはバストアップにとってはエストロゲンが分泌される日が一番適しているということなのです。

 

ストレスによって変化する女性ホルモン

ストレスを抱える女性

女性ホルモンはストレスによってとても影響を受けがちで、環境の変化、食生活の乱れ、ストレスでバランスが崩れるということもかなりあるのです。

そのためバストサイズが小さくなるのも、大きくなるのも女性ホルモンに左右されるということです。

こうした場合、バストアップするトリートメントをするのであれば、エストロゲンの分泌がされている日が最も良いと言われていますから、トライしてみてくださいね

 

睡眠をしっかりとること

睡眠は大事だよ

また女性ホルモンを活発に分泌させ、活動的にに導くには、血行が促進され、血液の循環が良く、健康的でないといけません。睡眠、食生活が重要になってくるわけです。

ドロドロ状態の血液では効率よく栄養成分を運ぶことができないですし、やっぱり健康的な身体でいることが一番のバストアップへの近道です。

 

成長期の子どもは両親が見守る

子どもはしっかり見守ろう

成長期で、おまけに受験勉強だ、テストだ、という風に頑張っている姿は誇れるものではあるのですが、そうすることによってホルモンバランスが崩れてしまうことになれば身体の調子が悪くなります

そのため過剰なやりすぎは禁止して、ご両親がアドバイスすることをおすすめします。そこで素直に聞いてくれるお子さんに育てるかそうでないのかはあなた次第です。

 

>エステに通わずセルフバストアップマッサージ

エステに通わずセルフバストアップマッサージ

日本初!?東洋医学の「皮絡(ヒラク)」は時短で気持よくバストアップが出来る!更には、身体の内側からの健康美人になれる♪話題の東洋医学バストアップDVDが登場

CTR IMG